皮膚炎に関するRSS情報一覧

相互リンク集

川崎市の人気おすすめエステサロン

川崎 エステサロン

神戸市中央区の介護タクシー

神戸市中央区介護タクシー

姫路市の人気おすすめネイルサロン

姫路 ネイルサロン

神戸市三宮のヨガ教室

三宮 ヨガ教室

神戸市三宮のマッサージ屋さん

三宮 マッサージ

京都でデニム着物がレンタルできるお店

京都デニム着物レンタル

神戸のメンズエステ

神戸メンズエステ

大阪梅田のメンズエステ

梅田メンズエステ

川崎市の人気おすすめマッサージ

川崎マッサージ

西宮市の人気おすすめ接骨院・整骨院

西宮 接骨院

新橋の人気おすすめマッサージ

新橋マッサージ

川崎市の人気おすすめ接骨院・整骨院

川崎 接骨院

アレルギー性 皮膚炎

子供のアレルギー 学校は発症対策に全力を

アレルギー症状に悩む子供たちが増えている。

初夏を迎え、子供にとっても日常と異なる体験ができるチャンスが増えたが、一方で、ハチや未知の食べ物などに神経をとがらせる時期でもある。

文部科学省が4月に発表した「アレルギー疾患に関する調査研究報告」は、全国の公立小中高校(計約1277万人)を対象にした初の大規模調査だった。

その結果、ぜんそくが約73万人▽アトピー性皮膚炎が約69万人▽食物アレルギーが約32万人▽アレルギー性鼻炎が約118万人もいることがわかった。

2臓器以上に症状が表れ、命にもかかわりかねないアナフィラキシーを発症したことがある児童・生徒も約1万8000人に上った。

ヒトは体に侵入した細菌やウイルスなどを排除するため体内に抗体を生成するが、アレルギー疾患は、卵や花粉など通常なら害とならないはずの日常的な物質に特異的で過剰な抗体反応を起こす。

蕁麻疹(じんましん)や嘔吐(おうと)など症状もさまざまで、激しい場合は死に至る。

仕組みについては、かなり解明が進んできたものの、その治療法となると、発症のきっかけとなる物質(アレルゲン)に接しないのが第一で、まだ決め手はない。

これに対して学校側の対応は、「ぜんそくの発作など緊急時に保護者や主治医へ連絡するなど対応・連絡体制について共通の理解を図っている」ところですら全体の半数強にすぎない。発症の兆しが表れたら迅速に注射が必要なアナフィラキシーにいたっては、薬の保管場所を提供している学校が13%弱と不十分さが目立つ。

アレルギー疾患は子供たちの勉強への集中力を削(そ)ぎ、行動をも制限する。

文科省の調査は、医師の指示が確実に学校に伝わる「学校生活管理指導表」づくりなども提言しており、学校側は早急にアレルギー疾患に対処できる態勢を整えてほしい。

アレルギー疾患の増加は

(1)洋食化や外食の増加など食生活の変化
(2)住居の密閉性とダニ
(3)化学物質との接触
(4)大気汚染
(5)精神的ストレス−など、ほとんどが環境要因によるという。

「便利さ」をひたすら追求する現代社会の負の側面ともいえるが、次世代を守るためにも、長期的視点に立った国を挙げての取り組みが求められている。

アトピー性 皮膚炎

アトピー診断に朗報!皮膚のかゆみを電流で把握

皮膚にごくわずかな電流を流すと電気刺激でかゆみが起こる現象を利用して、東北大学医学系研究科皮膚科学分野の相場節也教授と小沢麻紀研究員が、アトピー性皮膚炎などかゆみを伴う病気の新しい診断方法の開発に取り組んでいる。

小沢研究員らは、通常、電流を流して手足のまひの状態などを調べる市販の検査装置を使用。

健康な12人を対象に、最高1・5ミリアンペアの電流で電気刺激を与えた結果、この装置でかゆみを誘発できることを確認した。

アトピー性皮膚炎などの病気で皮膚が過敏な状態になると普段より少ない電流でもかゆくなる一方、症状改善すればかゆみを起こすのに必要な電流は増えるとみられ、皮膚の状態を電流で把握できる可能性があるという。

アトピー性皮膚炎の場合、見た目は正常な皮膚でも、かゆみが起きやすいかどうかの診断は難しい。

この装置を使って継続的に測定すれば、肌の状態が把握しやすくなり治療にも役立つという。

相場教授は「電流という分かりやすい尺度で、皮膚が、どの程度かゆみに過敏なのかを推定できる。

装置は簡単に利用でき、安全性も高い」と述べ、早期の実用化を目指している。


乳児 アトピー性 皮膚炎

おむつかぶれ

おむつかぶれは、おむつに付着した尿中の尿素が、おむつ着用による湿潤した皮膚表面に増殖した細菌によって分解され、アンモニアなど刺激物質によって生じる皮膚炎症である。

これに加え、汗、大便およびこれらの分解産物により悪化することがある。

外的刺激因子が作用した部位にのみ生じる症状で、治療の第一歩は原因となる刺激物質を除去することにある。

また、アトピー性皮膚炎体質の人は一般に皮膚が弱く、子供の頃におむつかぶれを起こしやすかったりすることがある。

治療は、汚れれば取り替え、その都度皮膚を清潔にするなどの配慮である程度防ぐことができる。

紙おむつは通気性が良く、尿や便の水分を効果的に吸収し、おむつ表面への水分の逆戻りを防ぐ工夫がされているため、布おむつに比べて良いとされる。

症状が強い場合は、ステロイド外用剤によって治療される。

おむつかぶれに似た皮膚疾患乳児寄生菌性紅斑皮膚カンジダ症の一つ)がある。

カンジダという真菌が原因であり、抗生物質の外用を必要とする。

見た目では鑑別が付かないため、おむつかぶれがなかなか治らない場合は皮膚科医の診察が必要である。

老人性 皮膚炎

老人性皮膚炎 (乾皮症)

高齢になるとアンドロゲンの分泌が減るため皮脂腺の機能も低下し乾燥しやすくなる。

特に、下腿伸側・背中はお風呂の時に強くこすったりして皮脂が抜けやすいため、乾燥性皮膚炎になりやすい。

このように高齢者の場合は一様な乾燥にはならないのが特徴である。

また、季節変化も大きく冬のみ悪化する場合のことが多い。

乾燥が極度であれば湿疹を併発し、皮脂欠乏性湿疹老人性皮膚炎を誘発することがある。

また褥瘡を悪化させる原因ともなる。

乾燥性 皮膚炎

子供の乾燥性皮膚炎

アンドロゲン(男性ホルモンの一種で、女性にもある。)により皮脂腺が活発になり、皮膚乾燥を防止する皮脂の分泌が促進される。

しかし、子供はアンドロゲンの分泌が少なく皮脂が少ないため乾燥しやすくなり、乾燥性皮膚炎となる。

体全体が一様に乾燥するが、頭部・顔は比較的皮脂腺自体が多いため乾燥しにくい。

季節変化は比較的少ない。

乾燥により痒みを誘発し、湿疹を併発しやすくなる。

それが極度であれば、体質・遺伝的影響も考えられアトピー性皮膚炎を併発することがある。

アトピー性 皮膚炎

アトピー性皮膚炎の主な合併症

皮膚疾患

アトピー性皮膚炎体質の人は一般に皮膚が弱く、子供の頃におむつかぶれを起こしやすかったり、各種の化粧品、塗り薬、洗剤などによる接触性皮膚炎を起こしやすいことが知られている。

円形脱毛症の合併も知られている。

感染症

細菌に関しては、重度の湿疹病変から進入した黄色ブドウ球菌などによる伝染性膿痂疹とびひ)をとくに幼児において多く合併することで知られている。

伝染性軟属腫水いぼ)などのウイルスによる皮膚疾患に感染しやすく、アトピー性皮膚炎患者が単純ヘルペスを罹患すると重症化することが知られている(カポジ水痘様発疹症)。

◆眼科疾患

最近では白内障や網膜剥離を合併するケースが増えてきている。

網膜剥離に関しては、特に顔面の症状が酷い際の掻破、顔をたたいてかゆみを紛らわせる行動などの物理的な刺激の連続により発生すると考えられている。

白内障については原因はまだわかっていないが、網膜剥離と同様、顔や瞼の痒みから強く擦ったり叩いたりするからではないか

水晶体は発生学的に皮膚細胞と同じ分類に入るため、アトピー性皮膚炎と同様な病変が起こるのではないかといった説がある。

いずれにせよ、加齢に伴って発症する通常の老人性白内障とは異なる原因で発生すると考えられており、また水晶体が皮質からではなく核から濁ってゆく事が多いという症状のパターンの違いから、「アトピー性白内障」と呼ばれることもある。

ステロイド内服の副作用として白内障があげられることから、原因としてステロイド外用剤の副作用を挙げられ、一時眼科学会と皮膚科学会で論争になった[要出典]が、外用剤で起こるかどうか不明であること、内服薬の副作用として発生する際は、白内障ではなく緑内障の発生率のほうが高いにもかかわらずアトピー性皮膚炎ではステロイド内服を行っていない限りはほとんど問題にならないという矛盾があることから、ステロイド外用剤は白内障とは関連がないとの結論に至っている。

アトピー性 皮膚炎

アトピー性皮膚炎 鍼灸・ツボ刺激療法

全身の体質を調整するのに有効.継続したアトピー性皮膚炎治療が必要で、1回の施術で治るものではない。

整骨院やあんま・マッサージを主としてる治療院では、肩こり・腰痛などの診断・治療しか念頭に入れていないため、鍼灸専門、もしくは脈診などの東洋医学的診断を行う所で治療を受ける方が適切である。

アトピー性皮膚炎の体質としてある痒みによる不眠、多夢、足の冷え、イライラ感、憂鬱感にもある程度効果がある。

鍼(針)は痒みのある部位に刺すわけではなく、東洋医学の診断に基づいた手足のツボに治療することが多い。

灸はツボとしては、深谷灸法という治療法で肩髃というツボにお灸を行う。他にも痒い部位にすることも多く、アトピー性皮膚炎の周囲と、一番痒いところに米粒くらいの艾(もぐさ)でお灸をする。

痒みのあるところは痛みを感じにくく、熱さに対して鈍感であり、また少し火傷(やけど)にもなりにくい傾向がある。

同様にツボを刺激するリフレクソロジーを日本で普及させたRAJAの藤田桂子は、足ツボ刺激療法食事療法スキンケアの併用で、娘のアトピー性皮膚炎を大きく改善させたと、自らの著書「英国式リフレクソロジー生活」で紹介している。

神経系統を刺激する療法においては、時としていわゆる好転反応がおきやすい。

一時的にアトピー性皮膚炎症状の悪化を招くことがあるので、必ず経験者に経過を見せ、アドバイスを得る必要がある。

アトピー性皮膚炎炎症がひどいときはステロイド外用剤の使用をためらうべきでない。

アトピー性 皮膚炎

アトピー性皮膚炎 入浴療法

最も最適な入浴方法は、炎症部位を水中に浸けておくこと、出来るだけ長い時間水に浸かっていること である。

ほこりなどのハウスダストとダニまたはその死骸がアレルゲンとなり、炎症で壊れた皮膚の中に入り込み炎症をさらに増悪させることがあり、それを入浴することにより落とすのが主目的である。

それは空気中には多く存在するが、風呂の湯船においては表面張力により水面に張り付いてしまい、水中にはほとんど存在しない。

補足を以下に示す。

水道水よりは、井戸水や純粋な温泉水など塩素の含まれていない水で風呂を焚いた方がよい。

水そのものの質が悪い場合、逆に皮膚を傷つけてアレルゲンの侵入を許しやすくなり、結果的に炎症が増えることがある。

水道水を使う場合は塩素を除去する必要がある。

水道水に多く含まれている塩素は皮膚を傷つけ、また皮膚バリア機能の一部を担っている有用な常在細菌を殺してしまうためである。

除去の方法として、ビタミンC(普通のサイズの風呂桶に対し500mg程度のビタミンCという比率)が最も好んで使われる。理由として栄養補助食品として入手が容易、言葉の響きが「健康によさそう」という印象があげられる。

その他、チオ硫酸ナトリウム(ハイポ)(入浴用脱塩素剤としての無水チオ硫酸ナトリウム粉末も市販されている)や活性炭でも除去可能である。

熱いお湯よりはぬるま湯の方がよいという実践上のコツがある。長時間入れるためである。

入浴終了後、速やかに保湿剤を患部に塗布し、痒みの軽減に努める。

入浴後の強い痒みは皮膚が暖められ、生体由来の保湿成分が損失した結果である。

さらにふやけた皮膚は脆弱であり引っ掻くと容易に損傷し、病態を悪化させる。保湿剤の塗布によって痒みの軽減が期待できる。

長時間の入浴によって皮膚がふやけ、患部の表皮が剥がれ落ちて失われたり、ふやけた皮膚で細菌が繁殖したりして、かえって症状が増悪する場合があるので注意が必要である。

最近では「病変部の皮膚表面からアレルゲンが進入して増悪する」という説自体にも異議が提示されており、入浴療法の根拠そのものを疑う声もある。

それでも症状の改善が見られる理由としては、入浴という行為そのものが持っているリラクゼーション効果によるストレス低減などが考えられる。

入浴ではないが、スイミングスクールに通っていた期間は症状が軽くおさまっていたという小学生の事例がある。

商業プールの中には井戸水を使っているところもあるので、そのような施設なら効果があるかもしれない。

頭皮 皮膚炎

シャンプーと皮膚炎の関連性

市場で幅広く流通し一般的に使用されているシャンプーは、陰イオン(アニオン系)界面活性剤のものが多く「高級アルコール系」シャンプーと呼ばれる。

「合成シャンプー」と呼ばれる場合もあるが、これはある石鹸メーカーが作り出した造語・俗称が広まった物であり、薬学的には誤った表現である。

これに対し、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムが主な洗浄成分のものを「石鹸シャンプー」と呼ぶ。

石鹸シャンプーはアルカリ性であるが故に、弱酸性である髪の表面を覆うキューティクルが開き、剥がしたり、溶かしてしまう性質がある。

他に、アミノ酸系やベタイン系の、陰イオン界面活性剤または両面界面活性剤を使用しているものがある。

これらは高級アルコール系と比べると、洗浄力や泡立ちの点で少々劣る物が多く価格が高い傾向があるが、肌に与える刺激が弱いため他のシャンプーを使うと接触性皮膚炎を起こしやすい体質でも使用できる。

シャンプー剤で髪と頭皮を洗浄した後は、リンス、コンディショナー、トリートメントなどで髪の保護をするのが一般的である。

シャンプーを使用せずに、お湯だけで洗うことを湯シャン(湯洗髪)と言う。

シャンプーが頭皮皮膚炎脱毛原因であるという考えの元でこれを行う人がいる。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。